一緒に学んで成長!親子で学べる英語書き取り・読み取りレッスン

親子で一緒に楽しく英語を学ぼう

>

焦っても仕方がない

まずは英語に触れることができる環境を

英語の早期教育は当たり前のようになっています。
母国語が英語ではなく、普段の生活も英語を必要としないのであれば、意識して環境を整えていかなければ習得できないと考えてしまいますよね。
みなさんは「ダブルリミテッド」という言葉をご存じでしょうか。
偏った外国語教育のために母国語も一定の水準以下の習得しかできないという状態のことだそうです。
過度の早期教育などで子供が強くストレスを感じた場合にそうなってしまうケースもあるのだとか。
早く早くと親が焦るあまり子供の負担を考えずに詰め込んでしまって、結局何も身につかないのでは意味がありません。
以前筆者がお会いしたバイリンガルの方は小さなうちは、英語の歌やテレビ番組などをBGM代わりに流しておけば十分とおっしゃっていました。

子供が楽しくてやめられないレッスンを

日本語を話せる私たちは、まず文法から教わったわけではありません。
毎日耳にする周りの会話などで自然と身に着けて行きました。
幼児向け英語教室などはそれぞれ特徴的なメソッドを導入していますが、それが子供にとって向いているかどうかはやってみなくてはわからないのです。
何より、親が怖い顔をして必死にやらせようとしても子供には恐怖心が芽生えてしまう可能性もあります。
強制的にやらせるのではなく、親も一緒に楽しみながら子供と一緒に学ぶということが一番の近道かもしれません。
親が楽しそうにやっていることは子供にも自然と伝わりますし、一緒にやろうと思う気持ちを引き出すこともできます。
親子のコミュニケーションの一つとして一緒に英語のレッスンを始めてみませんか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る