一緒に学んで成長!親子で学べる英語書き取り・読み取りレッスン

親子で一緒に楽しく英語を学ぼう

>

その単語、書けますか

繰り返し繰り返し

英語のレッスンでは「ディクテーション」という書き取りも効果的と言われています。
これは英語を聞いてそれを書き取ることでリスニング力をつける方法です。
まだ文字の書けない幼児には難しいですが、小学生くらいになればできるようになるでしょう。
聞き取る英語はレベルに応じて用意し、数回聞いて紙に書く作業をします。
文字起こしの要領ですね。
これを続けることで、聞き取れるものとそうでないものを認識し、また正確に書き起こせるかどうかがわかります。
単語とその綴りを知っていることが必要ですし、リスニング力が低いと何一つ聞き取れないので何も書けません。
どちらかだけでは英語を習得するうえで伸び悩む時期が来てしまいます。
バランスよく行うことが大切です。

無理は禁物

教材にするのは音楽でも構いません。
幼児向けの手遊び歌などは身近な言葉が歌詞になっていますし、覚えやすい単語が並んでいるので無理なく入っていけるでしょう。
ディクテーションだけで飛躍的に上達するわけではありませんが、語彙力やリスニング力のチェックには役立つはずです。
最初からハードルを上げすぎて自信を失わないように、穴埋め問題のような形式で、ある単語だけを書き取るという方法ならば難しすぎないでしょう。
リスニングを繰り返していくことで徐々に聞き取れる単語も多くなると書き取ることができるようになります。
聞き取る、読み取る、書き取るを上手に組み合わせることで英語を身に着けていけば、抵抗はなくなっていくはずです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る