一緒に学んで成長!親子で学べる英語書き取り・読み取りレッスン

親子で一緒に楽しく英語を学ぼう

>

必修・教科化はすぐそこです

良質な絵本は最高の教材

例えばいつも読み聞かせている絵本に英語のものを取り入れてみるのはいかがでしょう。
幼児用の絵本ならば、語彙も多くなく、比較的簡単でわかりやすい文章で書かれています。
日本の絵本とも共通することですが、月齢が低い子供向けのものほど繰り返し同じフレーズが並びます。
しかも一定のリズムがあり、覚えやすい言葉なのも特徴です。
声を出して読み聞かせているうちに、子供がそのフレーズを覚えて一緒に発音し始めることもあります。
親も繰り返し読んでいるうちに単語や内容を覚えていくでしょう。
日本語に訳して子供に場面の説明をすることも難しくはありません。
内容がよくわからなくても絵が気に入ったからという理由でもいいのでお気に入りの一冊を探すところから始めてみませんか。

覚えるまで何度も何度も

まだ文字を読めない子供に毎日同じ絵本を読み聞かせていると、突然一人で本を開いて読み始めることがあります。
もしかして、文字を覚えたのかしらと思い、他の方法で試してみると全く読めなくてがっかりしたという経験をした人もいるのではないでしょうか。
あれは字を読めているのではなく、完全に暗唱しているのです。
ページをめくるタイミングや絵などを見て、その場面のフレーズを読み上げているようにみえますが、ただ覚えているだけ。
暗唱は幼児の英語教育にはとても重要としている研究者もいます。
幼児教室ではメソッドとして取り入れているところもあるそうです。
正確に音を聞き取り、それを再現できるのは書き取りレッスンの準備といえるかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る